■レーシック知識/レーシックが原因でのドライアイ

レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人というのは、レーシックのクリニックで細かなところをいろいろと相談してみるようにしましょう。

 

ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人だったとしましても、適性検査で合格をすればレーシック手術は可能なのです。
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックというのは角膜を削ることになるので、角膜には眼の水分を調節させる神経が多くあることからレーシック後にドライアイを引き起こしてしまうこともあるのです。



■レーシック知識/レーシックが原因でのドライアイブログ:2017/8/24

6時食は、
これから一日を乗り切るからだにとっては、
ガソリンのようなもの。

6時食を食べないということは、
車に例えると、ガソリンを補給せずに走り出すのと同じことです。

このエネルギー切れの状態を、
栄養不足、飢餓状態だとからだは判断します。
からだの中に貯めた栄養分を使って、からだを動かすしかありません。

貯まっている体脂肪から使ってくれればうれしいのですが、
そううまくはいきません。

6時食抜きの生活を続けていると、
からだが、そのガス欠の状態に慣れてきてしまいます。

だから、ダイエットのためにと、
6時食を抜いていると、
脂肪を溜め込みやすいからだになるわけです!

本来、人間のからだは、
一日に必要なエネルギーを三食に分けてとります。

「6時食」は、寝ている間にガス欠になった
からだにガソリンを入れるようなもの。
エネルギー源になる、糖質をしっかりとりましょう。

「14時食」は、日中動いて足りなくなった分を補います。
糖質・脂質・たんぱく質をしっかりとって、
一番働く午後に備えましょう。

一日の最後の食事は「夕方食」。
夕方食の後は寝るだけなので、
ガソリンを満タンにする必要はありません。
腹八分目で抑え、寝ている間の細胞分裂のために、
たんぱく質をしっかりとることが大切です。

毎食バランスのいい食事をとることも大事ですが、
からだに一番必要な栄養素を考えると、実はそれぞれ違うのですよね。

こう考えると、三食すべてが必要な理由がわかりますよね。

ダイエットを成功させるためには、
一日三食をきっちりとるべきなんです!